「弘前さくらまつり」が中止に・・今年はゆっくり自宅でできる津軽風お花見をしませんか?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

青森県のイベントとして、【青森ねぶた祭り】が思い浮かぶ方も多いと思いますが、実はねぶた祭りと同じくらいの大規模お花見イベントがあるんです!

それは・・【弘前さくらまつり】

弘前公園内はとっても広く、ゆったりとお花見を楽しむことができます!

【弘前さくらまつり】 は、青森県弘前市内の弘前公園・弘前城で行われるのですが、なんと毎年期間中200万人の来場者数がある人気お花見イベント!
(昨年2019年の来場者数は289万人(!)だったそうです!)

屋台の数もなんと200ほど!
たこ焼きやフランクフルトなどの定番の屋台はもちろん、青森ならではの屋台や、チリンチリンアイス(カランカランアイスと呼ぶ地域もあります)、曲芸やお化け屋敷の出店があったり、巨大迷路が出現したりと、老若男女問わずに一人でも家族連れでも楽しめるイベントとなっています。🥰

しかし、そんな人気の【弘前さくらまつり】ですが、今年は中止が決定したとのことです・・。

>2020(令和2)年4月23日(木)から5月6日(水)に開催を予定していた「弘前さくらまつり」は、新型コロナウイルスの感染予防と拡大防止の観点から中止することといたします。

【重要】2020年「弘前さくらまつり」開催中止のお知らせ

残念ではありますが、今はとても大変な時期ですし、また元気にさくらまつりをたっぷり楽しめるような世界になることを祈っています😥

でも、弘前の桜の魅力や、青森ならでは・津軽ならではの屋台もみなさんに知ってもらいたいので・・
こんなイベントを行いたいと思いますっ!

なるべく外出は控えて、おうちにいながらも楽しめるイベントとして、

🌸弘前の素敵な桜を観ながら
🍙青森のご当地屋台メニューやご当地グルメを楽しむ


ことがみなさんと一緒にできたらいいなと思っています🥰

(ちなみに弘前市が「弘前さくらまつり」の桜の様子の公式配信をするかもしれないということで、その場合は公式配信をみなさんと一緒に観ながら、さくらまつりの気分を少しでも一緒に楽しみたいです🙌)

中でも青森の食文化や「青森ならでは!」の屋台があるのですが、その中から青森県外でも入手できる食材・家庭で作れるメニューを公開しますので、画面越しに一緒に食べられたら嬉しいです🍙

たとえば青森のご当地屋台はどんなものがあるの?

青森の名産品を活かしたメニューや、青森の食文化が表れたものが多いです!

たとえば、津軽の定番中の定番、「味噌こんにゃく」!
「生姜味噌おでん」とも言うみたいです🍢
りんこも大好物🥰

しっかり煮込まれた大きな角こんにゃくに、生姜のきいた味噌だれをたっぷりかけたものです!
津軽は味噌を使うことがとても多い気がします。

見た目は地味ですが、甘じょっぱい味付けとつるんとしたこんにゃくがクセになって、いくらでも食べられちゃいます🍢
あつあつのこんにゃくと生姜で、からだもポカポカになりますよ🥰

あとは、「獄きみ(だけきみ)」というとっても甘いとうもろこしの天ぷらや、おせんべいに水飴をサンドした「飴せんべい」など、美味しくて楽しいメニューがたくさんあるので、ぜひ一緒に作りましょう✨
実際にりんこが作ってみながらのレシピの公開もしたいと思います🍳

ということで!
今年のゴールデンウイークはぜひ🌸おうちお花見inバーチャル青森🌸を楽しみましょうっ 🥰

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

2件のコメント

  • バーチャルお花見、今からワクワクしてます((o(´∀`)o))
    りんこちゃんが実際に作りながらレシピを公開とか楽しみ過ぎます!

  • 生姜味噌おでんより、味噌こんにゃくの方が馴染みあるなぁ。生姜味噌おでんだと普通のおでんに生姜味噌漬けて食べる方連想しちゃうから。
    まぁ、出店の看板がでかでかと「おでん」って付けてる店も多いんだけどねw

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です