南部名物「いちご煮」に“苺”は入ってない?!アレとアレが入った高級潮汁!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

みなさん「いちご煮」ってご存知ですか?
「いちご煮」は、青森県南部地方、八戸市を中心とした郷土料理です!

「苺を煮るの?!」と思われる方が多いと思いますが、「いちご煮」にストロベリーはまったく使いません🍓

じゃあ「いちご煮」はどんな料理なのか・・
実際に見ていただいた方が早いと思います!

じゃじゃ~んっ!こちらです!

「いちご煮」は、ウニとアワビの潮汁!

ウニとアワビを贅沢にもお吸い物にした豪華な汁物、それが「いちご煮」です!
私は「八戸名物!」というイメージがありましたが、どうやら青森県南部~岩手県北部で愛されているようです。
(もともとは青森県南部階上町(はしかみちょう)の名物との情報がありました!)

私自身は津軽生まれの津軽育ちですが、父方は南部に縁があるためか、父方のおばあちゃんがよくお正月に大鍋で作ってくれました!

ウニとアワビからお出汁が出て、磯の香りが強いスープがとっても食欲をそそります!
旨味がたっぷりスープにも染み出しているので、スープをメインで楽しんで欲しい一品です✨

とっても贅沢なお吸い物なので、お正月やハレの日にぴったりのおもてなしお料理です!

なんで「いちご」なの?

これには「いちご煮」の見た目が関係あるようです。

写真がへたくそですが、実物はもっとおいしそうなんです😭

乳白色のスープが、薄ぼんやりした”朝靄(あさもや)”に、
そしてそこから覗くウニの姿が、朝靄にかすむ“野いちご”に見える

という由来とのことです!
ロマンチックですが、ご当地以外の方にたくさんの誤解を生むネーミングですねw

価格は?どこで買えるの?

「いちご煮」は、青森名物の中でもちょっと高級品です。
家庭で作る以外は缶詰入りのものがポピュラーで、青森県内のスーパーでは普通に売っていますが、それでも一缶1,000円以上します。
青森は物価がとっても安いイメージですが、いちご煮はやはり高級品です・・😳
スーパーによっては袋状のパック入りのいちご煮もあって、そちらは少しお安いです!

通販は通常現地で買うより送料分高くなってしまうのがネックですが、Amazonで 大人気の『味の加久の屋』(あじのかくのや) さんの「いちご煮」4缶セットが、送料込みで青森のスーパーで買うのと変わらない金額で販売されてました😳✨
缶詰入りなので、賞味期限が1年以上あって日持ちも安心です♪

まずは普通にお吸い物で。
そして贅沢にまるまる炊き込みご飯で。

お米と一緒に一缶入れて炊くだけ!

二通りは試していただきたいです😋
お寿司のお供や、和食のお供、ちょっと贅沢におにぎりのお供にもぴったりですので、ぜひ食べてみてください!🙌

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

2件のコメント

  • 寿司の汁物で食べるの凄く相性良さそう!
    買ってみよう!

  • 高級炊き込みご飯の素にもなるのか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です